PLCOR理解・翻訳WG (2016年度)

PLCOR理解・翻訳WGでは.以下のような研究しています。

■背景となる問題意識

  • 日本ではイノベーション(新規事業開発)が活発でない時代が長く続き,日本経済停
    滞の一つの原因になっていた。
  • イノベーション及び製品ライフサイクルを扱う「製品ライフサイクル・リファレンス・モデル(Product Lifecycle Operations Reference: PLCOR)」が2013年にSupply-Chain Councilから発表された。
  • PLCORを用い,イノベーションや製品ライフサイクル管理をプロセスモデル化し,系統的な分析や設計を可能にする。 これにより,どのようにすればイノベーションや新規事業立ち上げの成功確率を向上 できるかを探求する科学的なアプローチが可能になる。

■目的

  • PLCOR Release 1.0 の日本語訳を作成する。
    現実に日本語訳がないと使えないし,普及もしないため。
  • PLCORの理解を通し,新規事業開発へのプロセス論的なアプローチを探る。

■成果物定義

  • PLCOR Release 1.0 の日本語訳
    →(2015年度)全て翻訳し終えるまでには至らず。
  • Plan +基本三大プロセス(Ideate, Develop, Launch)の翻訳は終了。
  • PLCORを理解し,自社の新規事業開発に役立てられる人

(ワーキンググループリーダ 橋場 記)

Follow me!